三菱自動車(7211.T)は26日、燃費試験用データの不正問題に関する社内調査の結果を国土交通省に報告するとともに、1991年から25年間にわたり法令と異なる方法でデータを計測していたと発表した。対象車種数はなお調査中としている。「eKワゴン」など軽自動車4車種では、燃費目標を達成するため、計測データの改ざんも行っていたこともわかった。

情報源: 三菱自、25年間も不正試験を継続 燃費目標引き上げも圧力に  | ロイターGIGAZINE

25年も騙し続けるってすごいな。

Posted in ニュース

More about:



Leave a Comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です