世界保健機関(WHO)が発表した研究結果で、ベーコンやハム、ソーセージなどの加工肉や、赤身の肉を食べることで「がん」にかかるリスクが最大で18%高くなることが発表されました。発表にあわせてその危

情報源: ベーコンなどの加工肉に発がんリスクが存在するとWHOが発表、すかさず反論の声も挙がる – GIGAZINE

Posted in ニュース

More about:



Leave a Comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です