活火山・岩手山を素粒子観測装置でレントゲン写真のように「透視」して噴火を予測する試みを、岩手県立大(滝沢市)などが計画している。

情報源: 岩手山を「透視」噴火を予測…県立大、素粒子で : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)GIGAZINE

言われてみると、マグマの高温を検知するとか割りと思いつきそうな手法なのになんで今までやらなかったんだろう。

Posted in ニュース


Leave a Comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です